香典返しには好きな商品を選べるカタログギフトがオススメ!【Gifts Thanks Common】

香典返しに使用されるモノを紹介!

葬儀などで香典を頂きますが、そのお返しとして香典返しを行います。香典返しで、選ばれることが多いものは、どんなものがあるのでしょうか。下記を見て、確かめてください。

人気の香典返しランキング

no.1

タオル

香典返しでは、日常使い出来るものを贈ると良いです。なので、顔を洗う時に、毎日使うタオルが、香典返しで1番人気になります。

no.2

洗剤

洗剤は、お清めの意味合いも含まれます。葬式に出席後に、香典返しで洗剤を頂くことで、不幸な気を洗い流すという意味があります。ただ、洗剤にこだわりがある方もいるので、選ぶ時には少し良いものを選びましょう。

no.3

お茶セット

会社の方や数名合同で香典を貰った際は、3位のお茶セットがオススメです。お茶セットは、お茶を飲んで故人を偲ぶという意味があります。それに、複数名で分けることが出来るため、合同で香典を貰った時は便利です。

好みに合うお返しができる

香典返し

香典返しは、親族や友人だけでなく、上司や故人の繋がりの人など様々な年齢層の人に贈らなければなりません。一人一人の好みに合わせた香典返しをするのは難しいものですが、カタログギフトは、予算に合わせて好きなものを選んでもらえるスタイルなので重宝します。また、香典返しでは贈るべきではない縁起物の品がありますが、カタログギフトならマナーに沿った品物のみが掲載されているため、失礼な品物を贈ってしまうリスクもありません。品物の種類もグルメからキッチン雑貨、インテリア小物など、様々なジャンルのものが用意されているので、貰った人も選択肢が広がります。また、カタログギフトは2千円から5万円まで細かい値段設定で作られているので、香典の金額に合わせて選びやすいのも特徴です。香典の3割から5割のお返しをするのが一般的なので、5千円の香典をもらったら2千円から3千円のカタログ、10万円もらったら3万円から5万円のカタログを選べばよいのです。

住所を確かめる

香典返し

香典返しでカタログギフトを贈るときに注意しなければならないのは、郵送する場合です。手渡しする時は自宅に直接足を運んで行くのでいいですが、遠方で手渡しできない人のものは、カタログギフト販売会社から直接配送してもらう形になります。その時、住所が間違っているときちんと届かないため、住所はダブルチェックで確認するようにしましょう。また、香典返しをもらった側も注意点があります。注意点として、カタログから品物を選んで申し込むには有効期限があることを覚えておかねばなりません。多くの場合有効期限は1年間で、期間を過ぎると申し込んでも商品は発送されません。カタログギフトをもらったら、できるだけ早く品物を決定して、申し込んでしまうのが賢明でしょう。

広告募集中